ハウスメーカー、工務店、設計事務所などとの違いは何ですか?

アルトホームでは、それぞれの事業形態の良い部分を取り入れています

ハウスメーカーのメリットは、規格内でおさまる住宅は安く建てることができる点です。
しかし全国展開しているハウスメーカーなどは数を売ることが事業構造的に重要なため、工務店や設計事務所と比べ広告費や展示場の建設・維持費、営業マンなどの人件費が多くかかり、結果として高くなってしまうのがデメリットです。

工務店のメリットは、地域密着型で事業を行っているところが多い点です。住宅は建ててからのお付き合いが非常に大切だと思いますので、これから家を建てる方にとって大きなメリットといえるでしょう。
デメリットとしては、工務店の主業務はあくまでも設計などではなく施工であることと、使い慣れた材料や安く仕入れることができる材料にこだわるなどの傾向が強いので、結果として設計が大幅に制約される場合もあります。
またフランチャイズに加入していたり、特定の工法などを前面に打ち出している工務店は、フランチャイズ加入金や契約毎の支払金などがあったりしますので、コスト的に割高になる傾向にあります。

設計事務所のメリットは、設計の自由度の高さやプランニング力、現場の監理で正常なチェックが行われるので手抜き工事になりにくい点が大きなメリットといえます。
デメリットはコストが高いことです。一棟一棟ゼロから細部まで設計を行いますので、計画期間も長くなりコストもかさんでしまいます。

アルトホームでは、それぞれの良い部分を選択しております。
ハウスメーカーのように、ある程度規格化することでコストを抑え、宣伝広告にお金をかけないことでコストの削減も行っております。
工務店のように地域密着の事業を行い、フランチャイズなどにも加入しておりません。
設計事務所のメリットであるプランニング力を活かしたプランをご用意しておりますし、現場の監理については業務提携をしている一級建築士が行います。もちろん自由設計プランの場合、業務提携を行っている一級建築士と打合せを行いながら進めていきます。また、あらかじめプランを用意しておくことで、計画期間が長くなることでのコスト増を抑えております。

このページの先頭へ