中古住宅を購入しようか迷っています。どのような違いがありますか?

中古住宅は価格が大きな魅力だと思います

中古住宅のメリットとしては、一番大きなメリットとして価格が安いことがあげられます。
また、実物を自分の目で確かめられるメリットもあります。

中古住宅のデメリットとしては、入居時や入居後にリフォームやメンテナンスが必要な場合が多いことがあげられます。
購入時には仲介会社の仲介手数料もかかってきます。
また、10年間の瑕疵担保保証が無い、築年数によっては住宅ローン控除を受けられない場合があるなどのデメリットもあります。
もちろん中古住宅なので、以前誰かが住んでいた家に住むことになります。

新築の一戸建ての場合、それまで誰も住んでいない家に住めますし、最新の住宅設備が充実しています。
断熱やシックハウス、バリアフリーや防犯に関しても、昔の住宅より性能は良いものばかりです。
そして、10年間の瑕疵担保保証がついていることも大きなメリットの一つです。

このページの先頭へ