家を建てる手順がわからないのですが、教えていただけますか?

家を建てる手順がわからないのですが、教えていただけますか?

アルトホームでは「資金計画」→「プラン選び」→「土地探し」と行います。

アルトホームの家を建てる手順は、他の住宅会社と異なっております。
大まかな流れとしましては、予算決めを行い、プランを選び、最後に土地を探します。
お客さまによって手順が異なる場合もございますが、ここでは一般的な流れのご説明をします。

まずは予算決め(資金計画)【無料】

家づくりにおいて「予算決め」はとても重要です。

全体の予算が決まらないと、選んだプランや探していてようやく見つかった土地もただの夢で終わってしまします。

そして住まいを建てた後でローンの支払いに無理があっては、せっかくの新生活で、旅行をガマンしたり、外食をガマンしたり、子どもの習い事を減らしたり、(旦那さんのお小遣いを削ったり)、何のためのマイホームか分からなくなってしまいます。

アルトホームでは、毎月無理のないのローン支払金額から逆算して、家づくりの予算を計画していきます。

多くの住宅会社では、ローンを組めるめいっぱいの金額で資金計画を行います。営業マンはお客さまにたくさんお金を支払ってもらうことで、工事代金の何%かを歩合給という形でお給料に上乗せできるからです。

そして多くの場合、金額がはっきり決まっていない(確定しない)段階で、仮契約、本契約と進めていきます。

何が含まれていて、何が含まれていないのかも誠実に伝えようとしません。

その後、希望をかなえようとすると、「オプション」「追加工事」扱いになり、費用がどんどん加算されていき、お客さまにとっては予算オーバー、営業マンにとっては工事代金が追加になり歩合給もアップというわけです。

しかし、ローンを組めるめいっぱいの金額で資金計画を行ってしまうと、住んでからの支払いが大変になってしまいます。

アルトホームではローン支払い金額からの資金計画を行い、まずは全体の予算計画をしていきます。

実際に住まうプラン選び【無料】

多くの場合やってしまう手順は、まず大枠の予算を考え、土地を探し、その次に土地に合う間取りを考え、最後にトータルの予算を確定させる、というものです。
実はこの手順だと予算をオーバーしやすいのです。

土地を決めてから、建物を計画すると予算をオーバーしやすい理由は2つあります。

1つ目は附帯工事や諸経費です。

多くの広告媒体では建物本体価格のみ表記することが多いです。

土地やローン等支払い条件などの内容によって変わってくる価格を表示することが難しいためです。

家を建てるには、家の本体価格以外にも附帯工事費用や諸費用など、様々なお金が必要になってきます。

附帯工事費用や諸経費がどのくらいかかるのかを知らないまま、トータル予算から建物本体価格の予算を引いた金額で土地探しをしてしまうことが、予算オーバーにつながっていたのです。

2つ目は自由設計による価格の違いです

例えば自由設計で建てる場合、「35坪の家で坪50万円なら総額1750万円」と、坪単価などで判断しがちです。

しかし本来の自由設計では「住まいたい家のサイズや仕上げなどの仕様をどうしたいか?」をきちんと決めないと、本当にその単価で納まるかは分かりません。

ハウスメーカーなどでは、詳細な仕様や金額が決まっていない段階で、仮契約、本契約と行い、その後詳細な使用を決めていくので予算が膨らむことが多々あります。

結果、土地を決めてから、家の予算を最終的に計算すると、予算オーバーになりやすいのです。

アルトホームでは、全体の予算計画を行った後、プラン選びを行っております。

実際にお客さまが住まう「家」が大事だからです。

ローン支払い金額から算出した予算をもとに、プランのご相談を行っております。

残った予算範囲内でお土地探し【無料】

予算決めを行い、プラン選びを行うことで、総予算、家の値段、おおまかな諸費用が計算できます。

総予算から、家の値段や諸費用を引くことで、土地に使えるお金が計算できます。

もちろん土地に使えるお金といってもまるまる全部を土地価格に使えるわけではございません。

もちろん仲介手数料もかかってきます。

他にも、既存の建物があれば解体の費用がかかりますし、上下水道が入っていない場合は引き込みの費用も必要になります。また土地によって法令や条例がかかる所もあり、申請が必要になったり、建物の仕様を変更しなくてはならなくなります。

アルトホームでは、土地価格と仲介手数料、その他にかかる費用も合わせて土地探しを行っております。

先にプランを決めておくことで、土地代金以外にかかる費用も計算できるので、予算オーバーをすることなく土地を探すことができます。

そして土地探しの際、事前に詳細な条件をお客さまと打ち合わせします。

ご希望とする内容のなかで、優先順位づけも行なってまいります。
ご希望の条件に全て合った土地というものは、なかなか出てこないものです。

優先順位づけは、もし良さそうな土地が見つかり、買おうか買うまいか迷っている間に、他の方に先を越されてしまうことを防ぐためでもあります。

予算や条件が詳細に決まっているので、パートナーである不動産屋さんも土地を探しやすく、手戻りも少ないため優先して協力していただけます。

そしてアルトホームとしても、この流れで進めていただけますと、二度手間三度手間にならないので経費の削減にもなります。

もちろんお客さまにとっても、予算の範囲内で、希望の家を、希望の地域に建てることができます。

主にここまでが契約前の流れとなります。

もちろん土地の値段が思ったより安くなった際には、そのままのプランでも、プランを変更していただいても構いません。

「工事請負契約」を締結します【ここから有料です】

「工事請負契約」締結までは、間取りや仕様などの変更は可能です。

最終確認をしていただいた段階で契約を行います。

お客さまからのご要望で、建築中の変更や追加工事が発生しない限りは、追加費用が発生することはございません。

※契約締結後の地盤調査の結果次第では、地盤改良工事代金が追加になる場合がございます。(地盤改良が必要と見込まれる場合は、資金計画の予算にあらかじめ入れておきます。)詳しくは、契約前にご説明させていただきます。

ローン本申込み、建築確認申請

住宅ローンを申請してから承認が下りるまでは、約2週間位かかります。

建築確認申請などの各種手続きは、申請から許可まで約1~2ヶ月位かかります。

地盤調査

地盤の補強工事が必要か判断します。地盤が軟弱な場合は、基礎工事の前に地盤改良を行います。

建設工事

設計図に基づいて、腕利きの職人たちが心をこめてお客さまの家を建てていきます。

建設中は、アルトホームの施工管理者が現場を管理・監督いたします。

お客さまによる建設中の現場見学も、もちろん可能でございます。ただし、現場には危険なところもございます。ヘルメット等準備させていただきますので、事前にご連絡ください。

完成・お引渡し

要所要所で第三者機関による検査、チェックを受けます。

第三者機関の検査の後、最終的にお客様に検査していただき、問題がなければお引渡しになります。

登記、住宅ローンの融資実行

司法書士に依頼しマイホームの登記を済ませ、家を担保に住宅ローンが実行されます。

ご入居後の定期点検【点検はすべて無料】

定期的に点検を行います。

また定期点検時以外でも、何かございましたらいつでもご遠慮なさらずにご連絡ください。

このページの先頭へ