保証・保険

地盤保証システム 着工前に地盤調査専門会社による地盤の調査を実施し、建築に適した強度を有しているかを確認します。 地盤の強度が不足していると判断した場合、基礎の補強工事や地盤改良工事を施し、建築に適切な地盤の強度を確保いたします。 さらに基礎施工後10年間は、万が一の地盤沈下により建物へ損害が発生した場合に備え、大手損害保険会社の保険による賠償資力の確保(限度額:5000万円)を適切に行い、地盤保証を行っております。

住宅瑕疵担保責任保険 お客さまの家に万一瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用に対して保険金が支払われます。 国土交通大臣の指定を受けた保険法人の提携検査機関が設計施工基準に基づき、工事中に専門の検査員(建築士)による現場検査が行われ、その検査に合格した住宅に付けられる10年間の構造部分と雨漏りや住宅の傾き等に関しての長期保険です。

建設工事保険 工事中の不測かつ突発的な事故にも備え、『建設工事保険』にも加入しています。万が一建築中に火災等により、建物が損傷、損害を被った場合に、その復旧費や再建築費を保証する保険です。

労働者災害補償保険 労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」といいます。)に基づく制度で、業務上災害又は通勤災害により、労働者が負傷した場合、疾病にかかった場合、障害が残った場合、死亡した場合等について、被災労働者又はその遺族に対し所定の保険給付を行う制度で、このほかに被災労働者の社会復帰の促進、遺族の援護等を行っています。

このページの先頭へ